着物ブログ

初めての振袖

 

初めての振袖

 

 

振袖を見に行かれる方に、雰囲気や所要時間などを解説していますので、参考にご覧くださいませ。

 

振袖の下見に行く楽しい1日

振袖選びでかかる時間は

およそ2時間から3時間です。

事前に色や柄を決めておられる方は2時間程度で、色や柄は現物を見て決めたいと思われる方は3時間程度みていた方がゆっくりご覧頂けます時間に余裕を持って、出かけましょう

 

ご成人式の年度や振袖の好み、お嬢様のサイズをお聞きしたり

購入・レンタル・お持ち込みママ振袖のどの試着をご希望か?

当店は、似合う色と似合わない色をハッキリお伝えしております。

ここで、当店からのアドバイスです。購入かレンタルか迷っていて、決まっていない貴女様には、着たくない色はありますか?って問い掛けますので、着たくない色も一度だけ着てみましょう。好きな色=似合う色

とは限りません。あなたが似合う色と似合わない色を知ることが大切です!お持ち込みママ振袖の場合も一度着てみたい色があればお伝えください。納得したうえで次は、着たい色を着てみましょう。①下見で楽しみ、②前撮りで楽しみ、③本番の式典日もお楽しみいただきたいのです。その為にもゆっくりと時間をかけてください。当店はゆったりと時間が流れています ♪

下見に着て行く服装は?

 

振袖の試着は、服の上から「試着用の襟」を付けて行いますので、基本どんな服でも大丈夫です。

しかし、「振袖を着付けにくい服」「部分的にわかりにくい服」がありますので、なるべく避けた方が全体の雰囲気がわかりやすくなります。襟が付いているタイプの服だと、試着用の襟の中から見えたり、ごわついたりしてしまいますので、襟元があいたタイトめの服が理想です。

振袖の試着でおススメの服

襟が付いているタイプの服だと、試着用の襟の中から見えたり、ごわついたりしてしまいますので、襟元があいたタイトめの服が理想です。

ヘアゴムやコームはお店で用意しておりますので、必ずしも持参する必要はありません。

ご成人式の年度や振袖の好み、お嬢様のサイズをお聞きしたり、購入とレンタルとママ振袖のどの試着をご希望か?

またそれぞれのセット内容や価格などスタッフと相談しながら、振袖の試着を行くはじめます。

いざ振袖を試着していきます

 

できるだけたくさんの色柄を試着することがおすすめですが、一枚の振袖に手を通す時間は5分までです。慣れない試着に色や柄を見ていると目が疲れるからです。2~3枚試着したところで、早く決めるように、すべてお似合いですねって褒める店は気をつけたほうがいいですね。

当店では2~3点試着しただけではわかりませんので、平均10点ほど様々な色柄を試着していただきます。

最後に!

草履について大切なお知らせです。※振袖フルセット購入いただく場合も、※振袖フルセットレンタルいただく場合も、※ママ振袖の場合も、草履があなた様のお足にフィットするように足袋を履いた状態で、試し履きしていただき鼻緒を調整いたします。

草履で歩くのが楽しくなります。  ( お草履の修理工房 )

ご予約

 

気に入った振袖や良いセット内容があり、お申込みされる場合、その場でお金やハンコは必要ありません。

後日、振込みまたはご来店でのお支払いが一般的です。

まとめ

気軽に見れて、気長に対応してくれるお店を選ぶ事がポイントです。

どんな色や柄を試してみたいとか、ご予算など遠慮なく希望を伝えましょう。

成人式は、すでに振袖選びから始まっていますので、信頼できるお店との出合いが素敵な成人式を迎える秘訣になります。